FC2ブログ
2009.02.04 なついろ。
末っ子のちゃげ君。我が家での名前はなつ君。
京都生まれのお公家さん、たぶん。

去年の11月、クローバーのお得意さまであるつねさんが京都で保護して、里親探しをされていた。
ウチはすでに2ねこいたので、仲良くやっていけるか?など葛藤したのだが、ストレートにかわいいので末っ子として引き取ることにした。

もうかわいい名前(ちゃげ)がついていたのだけれど、もし3ねこめがウチに来たら、「なつ」君にしようと決めていたのでやや強引に改名してしまった。
呼び名は「なっちー」だ。

だから、つねさんが会いに来てくれるときはちゃげ君である。
つねさんが来ると、ごろごろ言って抱かれている。
(他の人にもごろごろ言っているのはナイショ。)

なつくん


京都のある幹線道路の中央分離帯に、ビニール袋に入れられたまま捨てられていたそうだ。
車の中からゴミでも捨てるように、投げ捨てられたのだろう。
のちに病院で精密検査をして判ったことなのだが、左足ふとももを完全に骨折していた。
お医者様は「おそらく交通事故にあったのでしょう」と。
まだ生まれて1ヶ月程度の子猫。どんなに怖かっただろう。

最初は体調も安定せず、毎週どうぶつ病院に通っていたが、いまでは他のどの子よりも暴れん坊になった。
骨もくっついた。

3ショット


他の2ねことは、最初の2週間は部屋を分けて完全隔離、その後だんだん慣らしていった。
最初は威嚇しあっていたが、いまではごらんのとおり。

すでに破るところがなくなった障子紙に飽きると、今度は、12センチ角の柱をざっくざく言いながら天井まで登るのが流行のようだ。

寝てるときはぬいぐるみみたいなのにね。

なつくん

ケーキ屋の末っ子、なつくんの紹介でした。