FC2ブログ
前回の続きです。

ななこの引っ越しは、7回ありました。
そして、8つめの住み家が、戸隠でした。

クローバー(店舗兼住宅)を建てるときは、ななこ用に扉をつけたり、トイレ用のスペースを確保したり、大工さんにねこ仕様の設備をずいぶんこしらえてもらいました。
ななこは戸隠で、4年近く暮らしました。ななこの生涯でいちばん長い住み家となりました。

nana0908l.jpg

戸隠では最初は家と外とを自由に出入りしていましたが、お店の面している県道の交通量が意外に多く心配になり、家の中だけで過ごしてもらうようになりました。
ななこも若い頃は外出禁止などといえば大騒ぎでしたが、高齢のせいか、特に不満もストレスもなく家の中でくつろぐようになりました。


nana0908i.jpg
シェフと一緒にインターネットです。

nana0908j.jpg
インターネット、飽きた。

※ちなみに現在ウチにいるねこ3匹は、最初から室内のみで生活しています。
ねこのことを勉強して、室内飼いが最善と理解しました。


ななこはとても頭のよい、機微が判るねこでした。
カメラ目線も得意です。かわいいでしょ~。
nana0908g.jpg



そして、2007年の初夏。ななこ19歳の夏。
今まで健康診断でも「年の割に健康です」と褒められていたのに、この年の診断は違いました。
肝臓の数値が良くないということで、栄養剤などを処方されていましたが、調子は芳しくありません。
だんだん体重減少や視力低下などが明らかに判るようになってきました。
それまでの病院では、不安があっても「高齢ですからね」と言われてしまうため、診察を受けに行くのをためらっていました。
また戸隠から市内までの通院は、車嫌いのななこにはこたえるようでした。

「飼い主心理につけ込んだ悪徳商法はなかった」と信じたいのですが、通販でいろいろなものを買いました。
パンフェノン(サプリメント)、奇跡の水H4O(水素結合水)、フェロビタ(栄養剤)などなど。
効いたのか効いてないのかわからないような状態でしたが、ワラにもすがるような気持ちでした。


しかし、日に日に症状が悪化していく様子にいたたまれなくなり、往診を頼める先生を探すことにしました。
そして、本郷どうぶつ病院の先生に来ていただけることになりました。
その結果、肝臓ではなく、腎臓の数値が良くない、ということが判りました。
(高齢の猫の多くが腎臓の疾患にかかるそうです。ななこも例外ではなかったようです。)

※今思うと、もっと早い段階でセカンドオピニオンを受けておくべきだったなと後悔しています。
診察に不審や不安な点があれば、違う病院に行ってみるのもひとつの手です。
本郷どうぶつ病院の先生も、セカンドオピニオンを積極的に推奨してくれています。


nana0908k.jpg
※「アンモニャイト」
さびネコの迷彩模様でよりいっそう何が何だか。


本郷どうぶつ病院の山岸先生は、いつも明快で論理的な説明をしてくださいました。
決して「高齢だから」ということは言わずに、現状(症状)を詳しく、そして今できる治療の選択肢、QOLの向上をさせるための方法を勧めてくれました。
かかる治療費も事前に説明いただき、安心して診てもらうことができました。

こんな山の中に何度も往診していただき、とても感謝しています。
もちろん今も、3ねこのかかりつけ医としてお世話になっています。
(3ねこは元気いっぱいなので、往診ではなく通院しています。老ねこになったら、山岸先生、またよろしく!!)


8月に入り、いよいよ具合の芳しくなくなってきたななこ。
自力でご飯が食べられなくなったので、シリンジをつかっての強制給餌、1日3回。
朝晩の自宅での皮下点滴(自分たちでやります)。
おむつ替え、薬の投与・・・。
でも、時々歩いて私たちの近くまで来てくれたり、穏やかな寝顔をみせてくれたり、看護に応えてくれているようでした。


2007年8月31日。
とうとう寝たきりになって、2日目。
戸隠の朝はもう涼しく、ななこ用のホットカーペットをつけていました。
ななこの様子が気になるため、お店からすぐ目の届く場所で寝かせていました。
15分おきに様子を見に行きましたが、ずっと穏やかな寝顔でした。

お昼過ぎ、シェフがななこに最後となるご飯をあげたあとです。
しばらく苦しそうな息をするようになり、まもなく息を引き取りました。
こうして今日、8月31日は私たちにとって、特別な日になってしまいました。

夏の終わりがくると思い出す、私たちの大事なねこのお話です。



3neko0908.jpg

おかげでウチの3ねこは、毎年8月の終わりには特別美味しいかつおぶし(猫用)が食べられることになってます。
(ななこはかつおぶしが大好物でしたからね~)
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://togakushiclover.blog23.fc2.com/tb.php/107-e32bdcf6